テレビが映らない!?《戸建て住宅のテレビ・インターネット契約について》

こんにちは☆サンバーです♪

今日は注文住宅のテレビ契約について紹介します。

我が家のテレビ・インターネットの接続が引き渡しから4か月もかかってしまったので2棟目の注文住宅!!への教訓として記録します。


 

テレビ・インターネット計画

戸建ての建売住宅を買った知人の話で、入居時にTVが映らないという問題があったことを聞いていたので、図面検討中から「テレビはちゃんと映るのか」なんて、何時代の話だってくらいしつこく質問していました。

そこまで気にしていたにもかかわらず、引き渡しから4か月かかり、計画したTV・インターネット環境が整いました。いや~時間かかりました。

《テレビ計画》

  • ケーブルテレビを継続利用
  • ケーブルテレビ視聴はリビングのみ
  • 寝室はBS視聴まで
  • その他、地デジが映れば良い

《インターネット計画》

  • ケーブルテレビの光回線を利用
  • 情報ボックスを起点にリビング、書斎に情報コンセント(LAN付)を設置。棟内同一のネットワーク環境を構築
  • 全室無線化
  • 1階に無線LANの中継器を設置
土地の条件

元々畑のところを造成し、市道を新設した新規の分譲地です。NTTの光ケーブル引き込み済みでした。チラシや現地販売の情報を見ていると最近多いですよね。

(ケーブルテレビ計画があったので、一条工務店のオプション《TVアンテナ》は不採用としました)

時間がかかった原因(手続き上の問題)

ケーブルテレビを選択したからというのも時間がかかった要因なのですが、引き渡しの1か月前からケーブルテレビさんとは打ち合わせていたのですが、新規の分譲地だったためケーブルの新設工事が必要とのことで電力会社への承認申請など必要な工程が多いうえに、電柱使用許可が下りないという事態に直面しその新設計画も修正になったりとにかく時間がかかりました。

電柱の使用許可について

この件で初めて知ったのは、電柱の使用許可は敷地の所有者に帰属するようで、電力会社の範疇ではなく、所有者(戸建て住宅の場合はほとんどの場合居住者ですね)が許可を出すということでした。たいていの場合、利害はないので拒否をする理由がなく問題ないと聞いていましたが今回は違いました。

「敷地の所有者の方が使用許可を出さない…!?」

電柱使用料が電力会社から敷地の所有者へ支払われることは知っていましたので、いろいろと思うところはあります…自宅を通る線が増えることを嫌だと思う気持ちはわからなくはないですけどね。それにしても、引渡し前から打ち合わせていたのにこんなにも時間がかかるとは…

電線の計画変更

結局、電柱の使用許可が下りないため、使用許可が必要ないルートで再提出していただき、宅内まで線を引き込むことができました。

ケーブルテレビの担当の方には、仮設のアンテナを用意して頂いたり、1軒だけのために対応をして頂いて感謝しています。工事が完了した今となっては、あの時のゴタゴタは何だったんだというくらい快適に過ごせています。

2棟目への引継ぎ

新築する場合、事前に住宅の配線計画は頭に入っていると思いますが、外から引き込む線についてはこちらで契約し用意する必要があるケースも多いと思うので、新規の分譲地の場合は早すぎるくらいの対応をしておくと良いと思いました

仮設の地デジアンテナの受信感度がわるく、雨や天候によって映らない、TVの前に人が立つと映るまたは映らなくなる…ひどいものでした。一条《TVアンテナ》を設置しておけば、何も見られないという事態は防げると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村 住まいブログへ

 


テレビ壁掛け金具 テレビマウント 液晶テレビ対応【FLEXIMOUNTS】

本格知育玩具なら紙の家「Nullie」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA